ECO事業

ウォーターサーバーなどの省エネ商品を中心に取り扱っております。住宅や店舗、オフィス、商業施設など様々なシーンに適した節電・省エネ対策のご提案をさせていただきます。

ミネラルウォーター MINERAL WATER

パイウォーターとは一体何か…。これは元名古屋大学 農学部の山下昭治博士が、生体システムの研究の進行途中のさ中に発見された、ヒトをはじめ、地球上の全ての生き物の細胞の内部にある「体の中にある水」と殆ど同じ働きをする、 極々微量の二価三価鉄塩に誘導された水の事を指します。

パイウォーターの特徴
  • からだのすみずみまでしみわたる!
  • 料理がもっと楽しくなる!
  • 野菜が生きかえる!
  • お米をとぐ、炊く、ご飯がおいしい!
  • コーヒーブレイクが待ち遠しい!
  • お酒がからだにやさしくなる!

健康で良好な状態をキープする事が可能

適応力の増大

農作物を一例に例えると、上記図の全部の働きが十分に作用されれば、どんな劣悪な環境下に於いても、植物の生体機能を健全にキープする事が可能となります。
パイウォーターで育成すると、全く問題無く育って、寒さに充分耐えられる事が解明されてます。

有害イオンに対する働きと地球環境の浄化

有害イオンやそれを起因とする環境悪化の例として、一般的なものに【農耕地の連作障害】があります。連作障害といっても様々な原因がありますが、この項で例を挙げる連作障害は塩類集積による障害です。塩類集積は、田畑に入れた肥料が、休作後土壌に残存して化学変化を発生し、所謂潮溜まりができる事象を指します。

パイウォーターの働きについて

1 適応力の増大

→太陽光や温度湿度に対しての適用範囲の拡大

2 有害イオンに対する働き

→有害金属由来イオンの悪影響を止める

3 地球環境の浄化

→悪質な水質・汚染された土壌を改善、良好な環境を取り戻す
その他様々な働きがあります。これからもパイウォーターは人々や社会に求められ続ける商品であり続けたいと思っています。

廃タイヤ活性炭

WASTE TIRE

実用化開発として廃タイヤから活性炭の製造を行いました。

タイヤから、活性炭を製造する過程の乾留工程で抽出される乾留ガスを冷却し、油を取り出します。できた活性炭は調湿材や、ろ過材などへの製品化を図りました。

廃タイヤの不法投棄の問題を解決すべく、使用済み廃タイヤから保有する独自技術を用いて一切有害物質を排出させずに活性炭を製造しています。
弊社はリサイクル率のさらなる向上、そして国内外を問わず廃タイヤを適切に処理する事を目標に全力で取り組んでいます。

廃タイヤのサーマルリサイクル

Thermal recycling

用途

・湿気や有害な物質を吸収
・除湿保温効果により夏涼しく冬暖かい環境を向上させます。
・シロアリ・ダニ・カビの対策に
・マイナスイオンの発生でストレス解消
・その他・・・・脱臭・脱色・排水・排ガス処理など

廃タイヤ活性炭について

技術

ゴム組成物のゼロエミッション化を図る活性炭製造技術

内容

炭化物を賦活炉で高温の水蒸気等によって、賦活処理を行い活性炭を製造します。

目的

タイヤの原料でもある有限の天然資源「石油」の再資源化を目指し、循環型社会の実現に貢献しようと日夜努力を重ねています。